【PAMM第2弾】プロトレーダーにお任せFXについて~安定型~

ほったらかしFX投資

当記事はプロモーションを含みます

こんちは、あっきーです。

今回はほぼほったらかしでFX投資ができるPAMMについて書いていきたいと思います。

PAMM第2弾の特徴を一言でいうと「プロトレーダーによる安定したFXトレード」です。

よくTwitterで1万円を100万円にしたとか聞くけど、本当に可能なの?

FXなんてギャンブルだからやめろって聞くけど…

インデックス投資に乗り遅れた。何か投資しなきゃと思っている。

新NISAが始まる前に少しでも資金を増やしたい。

ドル建て定期預金やったけど手数料と税金で全然増えなかった。

まずは最近の実績をご覧ください。

2022年9月 -72,416円

2022年10月 +9,476円

2022年11月 +95,402円

2022年12月 +255,396円

2023年1月 +102,886円

2023年2月 +55,050円

2023年3月 ‐29,377円

2023年4月 +52,206円

2023年5月 +48,400円

2023年6月 +172,794円

2023年7月 ‐158,108円

2023年8月 ‐53,795円

私のTwitterの投稿を見て今すぐに使い始めたい方は画像をクリックして、LINE登録後、「PAMM第2弾希望」と送信してください。

システムの概要

まずはシステムの概要から。

システム名PAMM第2弾~安定型~
証券会社FXFair
運用レバレッジ1111倍 ※
トレードスタイルデイトレード、デイスイング
メイン取引通貨ペアUSD/JPY、EUR系、GBP系、AUD系
リスクリワード1:1または1:2以上を基準
想定月利5~10%
最大ドローダウン14%
成功報酬30%
最低証拠金1万円~

※ より安全に、より安心して運用していただくために、今回特別のレバレッジ設定

レバレッジが高い分、ロットを上げず安全に取引をします。

そもそもPAMMってなに?

PAMMとは、Percentage Allocation Management Moduleの頭文字をとってPAMM(パム)です。

皆様は親口座に紐づいたご自身の口座(子口座)に証拠金を入れ、プロトレーダーは親口座でFXトレードを行います。親口座で発生した損益が、その証拠金の割合で反映される仕組みです。

1万円からスタートさせることも可能です。

原則月1回、ポジションを持たない出金日を設けるのでその時に投資家である皆様は資金移動や増資を行います。

追加入金は月の途中でも可能です。

また、パソコンやスマホにMT4(トレード環境)を準備しなくても運用は可能です。状況を確認するためにスマホのMT4は入れることを推奨しますが、あえて確認しないという方もいらっしゃいます。

あっきー
あっきー

コピトレしか知らなかった私はMT4入れないでできるなんて信じられませんでした!

当時の紹介者に4回ぐらい聞きなおしました。

MAMはポジションが反映される

まず、MAMは個々の子口座にポジションが反映されます。どのタイミングで、どの通貨ペアをいくらで何LOT持ったか、を知ることができます。
お金を預けている方にとってはどこでポジションを持ったか、今は含み損いくらなのか、など詳細に状況を把握できます。

PAMMは損益のみ反映される

一方で、PAMMは取引履歴を見ることができず、増減だけを見ることができ、レーダーの運用を一切見ることができません。
PAMMはポジションを一切見れないため、中身が完全にブラックボックス化してしまうデメリットがあります。

損益のみ反映されるんだ!

ポジションが見えると仕事に集中できなかったり、変に不安になったりするからいいかも!

PAMMのメリット

PAMMは投資をする皆様、皆様に代わってトレードするプロトレーダーの利害が絡んできます。結論から言いますと、両者の利害は完全に一致してます。

投資家の利益

一番利益を多く受け取るのはもちろん投資家である皆様です。毎月の利益額から30%の報酬を引いた70%が手元に残ります。もちろん、月次でマイナスだった月は報酬は発生しません

最大のメリットとして、含み損を見る必要がありません。ご自身でトレードをしたことがあれば含み損を抱えている時の精神的ストレスは半端じゃないです。ちなみに私は最大300万を2週間ほど抱えたことあります。

プロトレーダーの利益

例えば、投資家から巨額の証拠金が集まったとしても、その証拠金はプロトレーダーのものではありません。プロトレーダーはトレードを実際に行い利益を出して、その利益の30%を報酬として受け取れます。また、マイナスの月は無報酬となります。

マイナスが続けばお金を預ける人も減ってしまい、証拠金が下がり、利益も下がり、報酬も下がります。

やはり、利益を出し続けることがプロトレーダーの利益でもあります。

つまりWIN-WINの関係

以上のように、トレーダー・投資家の両者でWIN-WINの関係が成り立ち、利益の70%を受け取る投資家の皆様にメリットがある仕組みです。

トレーダーの概要

元ヘッジファンドマネージャー。

海外の某有名ファンドで数億円の運用後、ファンドトレーダーを引退し自己資金の運用に従事。

ファンド時代から個人運用においても、大きくドローダウンした経験や破綻も一度もな

危機回避能力が抜群に優れていることから、非常に安定した取引内容で個人資産を10億円以上にまで増やすことに成功。

様々な情報をいち早くキャッチ出来る情報網を持っている為、リスクを取らない確立された手法によって、長期にわたり利益を出し続けている凄腕トレーダー

トレードスタイルは、大口トレーダーの決済の入りやすい反転反発のレートでの逆張りのデイトレードorデイスイングが多い。

大相場の場合はトレンドフォローで入ることもあり、大きく利益を取ることもある

トレード歴:15年

得意通貨:USD/JPY EUR系 GBP系 AUD系

トレードスタイル

デイトレード、デイスイングがメインの完全裁量型PAMM。

勝率の高いポイントまでポジションを持たないため、安全なロット数でポジションを保有していきます。

ポジショニングの特徴としては、大口トレーダーの利用する高値と安値を基準に逆張りでのトレードやトレンドフォローでトレードするなど、相場に合わせて柔軟に取引を行います。

その際、ボラティリティーのフィルタリングをかけるため、オシレーター指標の特殊なATRを使用します。

ATRの条件により危険な相場ではフィルタリングされ、エントリー対象外となりより安全に稼働させていきます。最大ドローダウンは14%に対し、想定月利は5%~10%を狙っていくトレードスタイルとなります。

利確と損切について

長期でポジションを持つスイングトレードと違い、短期的な取引が多いため利益確定は早めにしています。

主に、大口トレーダーの意識している高値安値はレートが動きやすいのでそこを利益確定と損切り設定にすることが多いです。

PAMM第2弾の強み

システムの特徴のところでも書いていますが、勝率の高いポイントまで待ち、更にリスクリワード比の良いところでポジションを持つスタイルなので、必然的に負けにくいです。

更にポジション数とロット数を計算したうえで取引を行うので、全くエントリーされないという事もありません。

トレーダーのフォワード

※3月と5月は長期に渡り自宅から離れていた為、取引なし

証拠金は1,500万円~2,000万円になります。

【PAMM第2弾】直近の実績

2022年9月 -72,416円

2022年10月 +9,476円

2022年11月 +95,402円

2022年12月 +255,396円

2023年1月 +102,886円

2023年2月 +55,050円

2023年3月 ‐29,377円

2023年4月 +52,206円

2023年5月 +48,400円

2023年6月 +172,794円

2023年7月 ‐158,108円

2023年8月 ‐53,795円

PAMM第2弾の利用方法

PAMM第2弾の始め方

さて、ここまでPAMM第2弾の特徴やPAMMの仕組みをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

他に質問がある場合は、LINEでもご相談に乗りますし、無料のオープンチャットで他の利用者の声などを見ることができるので、ご安心ください。

では、ここまでお読みになってPAMM第2弾を始めたい方のために、無料で始める方法をご案内します。

PAMM第2弾の始め方は、以下の4ステップです。

ステップ1:あっきーのLINEに登録する

ステップ2:専用のリンクから口座開設をする

ステップ3:PAMM申請フォームを送付する

ステップ4:入金する

それぞれ解説していきます。

ステップ1:あっきーのLINEに登録する

ブログ上で、PAMMの口座開設リンクや申請フォームを置くと、スパムや嫌がらせなどがあるので、公式LINE上でのみ配布しております。ご了承ください。

以下の画像をクリックするか、QRコードを読み込んで、まずはLINE登録してください。

ステップ2:専用のリンクから口座開設をする

LINE登録後、にPAMM第2弾希望」とメッセージしてください。

その後、個別でPAMMの親口座と紐づいた口座開設リンクをお送りしますので、指定されたURLから口座開設をしてください。

ステップ3:PAMM申請フォームを送付する

口座の確認ができたら、PAMMの「利用申請フォーム(Googleフォーム)」のURLをお送りします。

基本情報の入力と、紹介者のところは以下のように「あっきー」と記入してください。

この紹介者欄が適切でないと、親口座との紐付けができませんので、ご注意ください

ステップ4:入金

あとはFXFaireの口座に入金をしたら、運用開始です。

入金後の新規ポジションから損益が反映されます。

以上、PAMM第2弾を始める4ステップの解説でした。

1ステップごとにLINEで確認しながら進めますので、ぜひお気軽にメッセージしてくださいね。

それでは、早速、PAMM第2弾を運用してみましょう

PAMM第2弾のまとめ

今回は、ほったらかしのFX投資PAMM第2弾について記事を書きましたが、いかがだったでしょうか?

最初に抱いていた悩みや疑問が払拭できていると嬉しいです。

もし、まだ疑問がありましたら、お気軽に私のLINEへメッセージしてきてください。

それでは、今回の内容をまとめておきますね。

PAMM第2弾は安定型のプロトレーダーにおまかせしたFXトレードです。

最低証拠金が1万円からスタートできるので、初めてFXをやってみようという方にお勧めです。

FX初心者の方にとっては、記事の途中で出てきた専門用語など、よく分からなかったと思いますが、徐々に覚えていきましょう。極論、覚えなくても全然OKです。

PAMM第2弾には、ほかの利用者がいるオープンチャットや個別のLINEサポートもついています。是非活用してください。

ほったらかしで月利10%はなかなかありません。ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか?

追伸

投資は自己責任です。余剰資金で運用してください。無くなってもいいお金なんてありませんが、もしなくなっても生活できる資金で運用することが原則です。

今から20年後、あなたはやったことよりも、
やらなかったことに失望する。
ゆえに、もやいを解き放て。
安全な港から船を出せ。
貿易風を帆にとらえよ。
探検せよ。夢を見よ。発見せよ。

マーク・トウェイン Mark Twain(米国の小説家 1835~1910)

投資を一切しない状態はリスクもなく安全だと思われがち。しかし今の日本では貯蓄から投資にお金を流入させたいので新NISA、高校生へお金の勉強をさせるなど、投資をすることが当たり前の時代になっています。

この波にうまく乗るか、波にのまれてしまうかはあなた次第です。

しかし、実績で月利250%のをたたき出しているツールやほったらかしで月利10%のPAMMの存在を知っていて、何も行動を起こさないことは後々大きな後悔となります。

もし、使ってみてなんか自分には合わないな、と思ったら利用をやめればいいんです。

要は、やってみて自分の結論を出しておくことが重要で、やっておけばよかったという後悔をしないコツです。

この記事を読んでくれた方には、「やらなかった後悔」だけはしてほしくないです。

FXシステムトレードランキング
FXシステムトレードランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました